スクワット 脚やせ

スクワットで脚やせ

 

スクワットは、時として「下半身運動の王様」と呼ばれます。

 

いろいろなバリエーションはありますが、最も基本的なものは、

 

一、頭の後ろで腕を組む。足は肩幅よりやや広くし、背中はまっすぐ垂直に伸ばす。
二、背筋を伸ばしたまま、ゆっくりと腰を下ろしていく。太ももが水平になるところまで来たら、やはり背筋を伸ばしたまま、体を上に戻していく。

 

といったところでしょう。体が前かがみになったり、右や左に傾かないように注意しましょう。

 

ほかにはダンベルを持ったままやるもの、背中にバランスボールを当ててやるもの、つま先立ちでやるものなど、下半身の王様にふさわしい豊富な種類があります。

 

初めてする人は、一度につき、10回程度からで十分でしょう。無理をするとすぐに筋肉痛などのトラブルが出ます。回数は慣れるに従って増やしていけばいいでしょう。

 

正しくやれば、太もも、背中、お腹周り、おしりなど、下半身を全般的に鍛えられます。

 

ほかの運動同様、すぐに脚やせするわけではありません。が、続けることで脂肪が筋肉に変わります。そうなれば、基礎代謝も増えることになり、太りにくい体質に近づいていきます。太ももは体の中で、もっともカロリーを消化する筋肉なので、効果も絶大です。

 

実際、スクワットで脚やせした人は多くいます
が、中には毎日毎日続けていて、一年ぐらいたってから、サイズを測り、ようやくやせていることに気が付いたような人もいます。

 

焦らず、効果を信じて、長く続けましょう。